稗粒腫(はいりゅうしゅ・ひりゅうしゅ)とは、原因は。

写真はイメージ

顔や目の周りに白くて小さいポツポツができたことがある人もいると思います。

そのポツポツが、痛くも痒くもない場合は、稗粒腫(はいりゅうしゅ・ひりゅうしゅ)かもしれません。

稗粒腫(はいりゅうしゅ・ひりゅうしゅ)は。目の下や周りにポツポツとできる1~2ミリの小さな塊のことです。

古い角質が長い間毛穴に溜まって排出できなくなって白いブツブツの状態になってしまうそうです。老廃物の塊ですのでニキビとは違います。

白く見えるのは、角質がたまった小さな袋状の組織が皮膚表面近くにできるためです。

目元や目の周りから頬にかけて最も多くできますが、顔であればどこにでもできる可能性があり、1~2個だけできるのではなく、多数のポツポツが集まる形で集積することもあります。

稗粒腫のできる可能性のある年齢も様々で、一般的に成人女性にみられます。

まれに、産まれつき稗粒腫をもっている方もいますが、成人以降気づいたらできていたと言う方が多いです。

稗粒腫はニキビや火傷のあとや、加齢によって汗の出る汗管が増殖してできると言われたり、甘い食べ物や脂っこい食べ物を過剰摂取することによってもできるといいますが、原因についてはよく分っていません。

稗粒腫(はいりゅうしゅ・ひりゅうしゅ)の治し方は。

稗粒腫は、そのままほっといても健康になにか害があるというものではないのですが、美的観点から治療に訪れる女性の方が多いですみたいですね。

稗粒腫は目立たないようで目立ちますので、気になって自分で潰したり、押し出したりするとキレイ取りきれず再発したり、傷跡が残ったりするのでやめたほうがいいです。

稗粒腫を取る場合は、皮膚科や専門の病院で取ってもらうのが一番いいです。

治療の仕方も病院によって異なります。注射針で表面に穴を開けて、器具で押し出すことで除去する方法や、レーザーによる治療方法などがあります。

どちらの場合もキレイに簡単に取り除くことができるみたいですね。

そうわ言っても、病院で稗粒腫を取るのはチョットと言う方や、どうしても自宅で自分で取りたいという方もいらっしゃると思います。

そこで、自宅で自分で取る一番簡単方法は、目元や目の周りにできたポツポツに効くジェルクリームです。

病院で取るほど速攻性はありませんが、毎日ケアすることで、小さくなったりポロッと取れたりします。また、これから出来るかもしれないポツポツ対策にもなります。

さらにジェルクリームは、オールインワンタイプのが多いので、洗顔の後はこれ一つで化粧水・美容液・クリーム・化粧下地ができるものが多いです。。

これならば、今使ってる化粧品をオールインワンタイプのジェルクリームにかえるだけでいいので簡単ですね。さらに時短ケアも出来てしまうメリットもあります。

自宅でケアしたい方にはススメです。

そしたらどんなオールインワンタイプのジェルクリームがいいのって思う方もいらっしゃる方もいると思いますので。

販売実績があって人気のジェルクリームに関する記事がありますのでご気になる方はご覧になってください。

 

自宅で気軽簡単にポツポツのケアと対策できるジェルクリーム関連記事。