首イボの種類は?

写真はイメージです。

30代を超えたあたりから、首筋や首回りやデコルテにブツブツと小さなイボができることがあります。最初のころは一個か二個だったイボが気が付くといっぱいできていることもあります。

また、首元やデコルテは人の視線も集まりやすいので、イボがあると胸元が開いた服など着くるのをためらって服装も気にしなくてはなりません。

イボは大きく分けて2種類あります。ウイルス性のイボと、そうでない非ウイルス性イボで。大人に多いのは非ウイルス性のものが多いです。

首によくみられる代表的な非ウイルス性イボは三種類あります。基本的には同じようなものなのですが、見た目や大きさで区別しています。またこれらは混在して見られます。

小さくてあまり盛り上がっていない褐色のイボをアクロコルドン

アクロコルドンよりも少し大きく、皮膚から飛び出してイボをスキンタッグ

直径が5mmを超える大型のイボを軟性線維腫(なんせいせんいしゅ)

スキンタッグは別名「首イボ」や「中年イボ」と言われています。

首イボできる原因は。

首イボの原因は、老化現象の一種であると言われています。また、紫外線、衣服による摩擦、生活習慣が大きく影響しています。

年齢を重ねると代謝が下がってしまうのと同時に、加齢によって肌のターンオーバーのサイクルが乱れ、肌のターンオーバーにも時間がかかってしまいます。

代謝機能がどんどん落ちていくと、肌の老廃物や古くなった角質がうまく排除できなくなり、やがて老廃物 (角質) が皮膚にたまってしまい、これがアクロコルドスキンタッグになるといわれます。

さらに、首やデコルテは紫外線がとくに当たりやすく、肌の乾燥や長年蓄積されてきた紫外線のダメージも首イボができる大きな原因の一つです。

ですので、日焼け止めを塗ったり、首にストールを巻いたり、帽子をかぶったり、サングラスをかけるなどして日頃からの紫外線対策はとても大切です。

もう一つイボができる原因に、肌を摩擦したり刺激を与えたりすることで出来てしまうことがあります。

首は、特に襟がある服やマフラーやネックレスで、摩擦や刺激が起こりやすくイボができる原因になるので、ネックレスをつけるときやワイシャツ着たときの襟なども注意が必要です。

首イボは自分で取れるの?

首イボのなかでもアクロコルドンスキンタッグは、自宅で首イボクリーム、ジェルを使用することによって取る事が出来ます。

クリームで肌のターンオーバーを促進しながら、自然に首イボが取れるのを待ちます。自宅ケアをしたい人には一番おすすめしたい方法です。

もう一つ首イボの軟性線維腫(なんせいせんいしゅ)は病院でしか治せない首イボになります。

出来た首イボの種類によってケアや対策が違うので、自分にできたイボがどれにあてはまるのか知る事が大切です。

自宅で首イボクリーム、ジェルよってケアできるイボの場合は、どんな商品を使ったらいいか迷うとかと思います。

そこで、自宅で簡単に首イボのケア・対策ができるオススメの首イボジェルクリームがあります。

販売実績もあって人気のジェルクリームなので安心して使用することができます。

首イボジェルクリームに関する記事がありますのでご気になる方はご覧になってください。

 

自宅で簡単に首イボケア・対策ができるジェルクリーム関連記事